─母の日のお話「母の日には、日頃の感謝を言葉にして」 母の日に贈る花2019年─

母の日には花をプレゼント

母の日のお話
母の日には、日頃の感謝を言葉にして

現在、2019年5月12日(日)の母の日に向けて特集を企画中です。
2019年の母の日特集をお楽しみに!

心あたたまる、それぞれの「母の日」
母の日には、日頃の感謝を言葉にして

母の日には、日頃の感謝を言葉にして

母の日は、普段は照れくさくて口にしないような感謝の言葉を、プレゼントと一緒に伝えることができる日。1年にたった1回しかない特別な母の日ですから、ぜひ恥ずかしがらずに感謝を言葉にしてみましょう。


お母さんに直接プレゼントを渡せる方は、ぜひひとこと添えて渡してみてください。
「いつもありがとう」「たまにはゆっくり休んでね」「体を大切にね」など、本当にひとことで大丈夫。心を込めて口にすれば、十分お母さんに気持ちが伝わり、プレゼントが何倍も嬉しいものに変わります。
直接手渡すことができない方は、ぜひ電話でひとこと伝えてみてはいかがでしょうか。離れて暮らすお母さんも、特別な日に直接声を聞けるのはきっと嬉しいはずです。


もし、感謝を言葉で伝えるのが恥ずかしいのなら、手紙やメッセージカードにして贈るという手もあります。
顔を合わせてしまうと、どうしても照れて言えない言葉でも、文字なら素直に気持ちを伝えられるのではないでしょうか?お母さんが記念として残しておけるのも嬉しいところです。
ただ、手紙は書き慣れていないと案外難しいもの。思いの伝わる手紙の書き方のポイントを以下に紹介しているので、手紙を書く方はぜひ参考にしてみてください。

普段言えないことを書く

日頃から話しているような耳慣れた言葉では、ちょっと新鮮味に欠けるかもしれません。普段はなかなか照れくさくて言えない感謝の言葉を、思いきって書いてみましょう。大げさに感じる言葉でも、手紙にすれば意外と自然になるものです。

言われると嬉しい言葉をしっかり入れる

「ありがとう」「大好き」。ベーシックですが、やはり親が子どもから言われて嬉しい言葉はこの2つのようです。自分が伝えたい思いはもちろん、手紙を書くときは“相手が喜ぶ言葉”を入れることもポイントです。

考え過ぎない

何を書こう…どんな言い回しにしよう…など、悩み出すと書けなくなってしまうもの。あまり考えずに、自分の気持ちを素直に書いてしまいましょう。自然と思いが伝わる手紙になるはずです。


また、花のプレゼントだからこそできる、“花言葉で思いを伝える”という方法も素敵です。自分の言葉で伝えるのは恥ずかしくても、花言葉に乗せればきっと素直な思いが届けられるはず。花言葉は本当にたくさんあって、同じ花でも色によって違う言葉を持っていたりします。きっと、あなたの伝えたい思いを代弁するのにぴったりの素敵な花言葉が見つかります。

心あたたまる、それぞれの「母の日」に戻る

母の日をもっと知る