─母の日のお話「母の日にお義母さんに贈るプレゼント」 母の日に贈る花2020年─

母の日には花をプレゼント

母の日のお話
母の日にお義母さんに贈るプレゼント

現在、2020年5月10日(日)の母の日に向けて特集を企画中です。2020年の母の日特集をお楽しみに!

意外に知らない?母の日
母の日にお義母さんに贈るプレゼント

母の日にお義母さんに贈るプレゼント

母の日に、世の女性の多くがちょっぴり悩むことといえば、お義母さんへの母の日ギフトではないでしょうか。
「お義母さんにはどんなプレゼントを贈ればいいの?」「お義母さんがお好きな花はなんだろう?」「去年と同じ花?それとも違う花がいいのかな」…。 義理のお母さんへの母の日のギフトは、実のお母さんに贈るギフトよりも少しだけ気を使ってしまうという方が多いようです。
お義母さんに喜ばれる、とっておきの母の日の花やプレゼントをご紹介します。

お義母さんが喜ぶ、母の日の花選びあれこれ

母の日のギフトといえばやはり花。お義母さんの性格やご趣味、お好みを思い出しながら、母の日の花を選びましょう。お子さんとご一緒に選べば「可愛い孫も一緒に選んでくれたお花」ということで、お義母さんの喜びもさらに大きくなるかもしれません。

花の色で選ぶ

お義母さんがお好きな色が分かっている場合は、その色の花を選んでプレゼントしても良いでしょう。たとえば、お義母さんがよく着ている洋服の色や、愛用しているお財布やバッグの色、身に着けているアクセサリーの傾向などからも推測できそうです。
赤やゴールド系などのぱっと目立つ明るい色合いがお好きであれば、レッド系の華やかなお花が喜ばれそう。淡いパステル調がお好きであれば、ふんわりとしたピンク系や、やさしいイエロー系のお花はいかがでしょう。ブルーやシルバーなど、クールな色合いがお好きなお義母さんなら、花もそれに合わせて知的で落ち着いた色合いが良いでしょう。

花と一緒に、ちょっとしたプレゼントも添えても

母の日の花と一緒に、お義母さんのお好みの一品をプレゼント。花と一緒にお贈りするギフトとして人気が高いのは、和菓子や洋菓子などのスイーツです。お義母さんのお好きなスイーツを選んで、花と一緒にお贈りしてはいかがでしょう。お義母さんを囲んで、ご家族皆さんでティータイムを楽しんでもいいですね。
その他にも、ハンカチやストールといった服飾雑貨、ハンドクリームや石けんなどの生活雑貨、また、お義母さんのご出身地の特産物などもプレゼントとして喜ばれています。

母の日だから、やっぱり人気の花を贈りたいなら

あまり気負わずに、ストレートに感謝の想いが伝わるプレゼントを贈りたい。そんな時は母の日のギフトの定番・カーネーションがおすすめです。カーネーションはフリルのような花弁が可愛らしい花で、母の日をはじめとするさまざまなギフトに喜ばれる花。前向きな花言葉を多く持っています。赤いカーネーションは「母の愛」「純粋な愛」、ピンクのカーネーションは「感謝」、オレンジ色のカーネーションは「熱烈な愛」「純粋な愛」、紫のカーネーションは「誇り」「気品」などです。母の日にお義母さんにプレゼントするなら、赤やピンクのカーネーションはいかがでしょうか。
また、バラやユリなども女性に人気の花です。特にバラは、香りにリラックス効果や美容効果があると言われており、お義母さんをはじめとした女性へのプレゼントにおすすめです。

ガーデニング好きのお義母さんに贈るなら

花を育てることがお好きなお義母さんなら、旬の花を咲かせる花鉢のギフトはいかがでしょう。アジサイやカーネーション、ミニバラなどは花鉢の中でも人気の品種です。花の種類にもよりますが、お庭やプランターに植え替えて育てれば、大きく育ち、来シーズンもまた美しい花を咲かせてくれます。 特に近年人気なのが、母の日の時季から長く花を楽しめるアジサイの花鉢。アジサイの花言葉は、ピンクが「元気な女性」、青が「辛抱強い愛情」等なので、母の日のギフトにぴったりです。

アクティブに暮らしを楽しむお義母さんへのおすすめギフト

お仕事やご趣味に毎日お忙しいお義母さんには、お手入れの楽なアレンジメントやプリザーブドフラワーのプレゼントがおすすめ。
アレンジメントとは、バスケットやボックスなどに吸水スポンジを入れて、そこに花を活けるスタイルです。そのままの形でお好きなところに手軽に飾っていただけます。
また、生花に特殊な加工を施したプリザーブドフラワーは、生花のようなみずみずしい美しさを長期間楽しんでいただけます。水やりなどのお手入れが必要ないので、お忙しいお義母さんにおすすめの母の日ギフトです。

還暦や喜寿など、節目の年を迎えたお義母さんに贈るなら

還暦(満60歳)、古希(70歳)など、節目の年を迎えたお義母さんには、お祝いも兼ねて豪華な花をお贈りしてはいかがでしょう。還暦であれば、縁起が良いとされる色は赤なので、60本の赤バラをお贈りしても素敵です。
また、凛としたコチョウランの花鉢なども、お祝いの場にふさわしい気品あるギフトです。

母の日にギフトを贈る際、気を付けたいこと

母の日に贈る花やプレゼントに絶対のマナーやルールはありませんが、気を付けたほうが良いこともあります。
たとえば、白いカーネーションは清楚な気品がありますが、亡くなった母親への愛を表すという意味でお供えとして贈られることの多い花。母の日にお義母さんへお贈りする際は、白いカーネーションは入れないようにするか、または白だけでなく他の色も取り入れたフラワーギフトにすると良いでしょう。
また、もしもお義母さんが何らかの花粉アレルギーを持っていたり、体調がすぐれないといった場合は、強い香りや花粉の心配がなくお手入れも楽なプリザーブドフラワーがおすすめです。

お義母さんと実母にプレゼントするそれぞれの予算

ちょっぴり気になる、お義母さんや実のお母さんに贈る母の日のプレゼントの予算。一般的にはどのくらいが相場なのでしょう?
母の日に贈る花は3,000円〜5,000円の予算という方が最も多いようですが、還暦祝いなどを兼ねて少し華やかなプレゼントにする場合は、5,000円以上のフラワーギフトが選ばれているようです。また、花とスイーツや生活雑貨などのセットでお贈りする場合は、5,000円〜7,000円の価格帯になる傾向があります。

母の日の花は早めの準備で安心

全国のお母さん・お義母さんにお花と笑顔をお届けするため、母の日前後のお花屋さんは大忙し。母の日のフラワーギフトは、早めに手配しておくと安心です。
イーフローラの便利なサービス「手渡しお届け」なら、お届け先近くの花屋が送料無料(※)の手渡しで花をお届けします。ご自宅で花を受け取ってからお義母さんにプレゼントするも良し、お義母さんのお家に直接お届けしても良し、ご都合に合わせてお選びください。
また、イーフローラの「来店予約」は、WEB上からご希望の花屋に来店の予約ができる便利なサービス。お約束のお日にち・お時間までにご希望の花をご用意し、当日はお待たせすることなく、店頭でスムーズに花をお渡しいたします。
(※)地域により手渡しお届け可能商品が限られる場合があります。また、一部特別配送料を承る地域やお届けできない地域があります。

義理のお母さんへ贈る母の日の花

意外に知らない?母の日に戻る

母の日をもっと知る