─敬老の日のお話「還暦は人生を一巡する大事な節目」敬老の日に贈る花2018年─

敬老の日には花をプレゼント

敬老の日のお話
還暦は人生を一巡する大事な節目

意外に知らない?「敬老の日」
還暦は人生を一巡する大事な節目

還暦は人生を一巡する大事な節目

61歳(満60歳)になる年に祝う還暦祝い。その由来や、お祝いの作法などはご存知でしょうか。
還暦に関する基礎知識をご紹介します。

還暦の由来とは?赤いちゃんちゃんこを着る理由

還暦とは、生まれ落ちた後に、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の「十干(じっかん)」と、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の「十二支(じゅうにし)」の組み合わせが一回りする60年目のことを意味しています。
このように、干支が一巡して誕生年の干支に再び戻るときであるため、還暦は「生まれ変わり」の時であるとされ、人生のひとつの大きな節目として大切にされてきました。
そのため、赤ん坊のようにもう一度生まれて、生き直すといった意味合いを込めて「赤いちゃんちゃんこ」を着る風習ができたとされています。

2018年に還暦になる干支は?

2018年に還暦になる干支は戌(いぬ)年で、昭和33年(1958年)生まれの方が還暦になります。身近な方やご家族で還暦を迎える方がいたら、ぜひお祝いをしましょう。

還暦祝いとは?

平均寿命が80歳を超える現代では、60歳というのはまだまだ元気な若い年齢ですが、還暦祝いとは、本来は長寿祝いとして定められたものです。
還暦祝いのような長寿祝いが始まったのは、古くは鎌倉時代からであると伝えられており、当時は現在に比べると非常に短命で、60歳は大変な長生きとされ、めでたいことだと言われていました。
ちなみに、戦前でも平均寿命は50歳程度だったとされていますから、昨今の医療の進歩による長寿化は、驚くべきものがあることがわかります。

還暦祝いには何をプレゼントすればよい?

還暦のお祝いで縁起が良いとされる色には「赤色」や「朱色」があります。これは魔除けや厄除けの効果がある色と伝えられていて、古くは赤いちゃんちゃんこ、頭巾、座布団などを贈ることが慣習化されていました。
しかし、現代では詳しい決まりは特にないので、還暦を迎えるおじいちゃんやおばあちゃんには、お好みに合わせたプレゼントを選ぶと良いでしょう。
なお、還暦祝いでげんを担ぐ色の赤色や朱色の花の花束やアレンジメント、プリザーブドフラワーなどもおすすめです。

「意外に知らない?敬老の日」に戻る

「敬老の日」をもっと知る