─敬老の日のお話「白寿は99歳という長寿を祝う大切な年」敬老の日に贈る花2019年─

敬老の日には花をプレゼント

敬老の日のお話
白寿は99歳という長寿を祝う大切な年

現在、2019年9月16日(月・祝)の敬老の日に向けて特集を企画中です。
2019年の敬老の日特集をお楽しみに!

意外に知らない?「敬老の日」
白寿は99歳という長寿を祝う大切な年

白寿は99歳という長寿を祝う大切な年

99歳といえば、高齢化・長寿化が進む日本でも、特に長生きをされている方だといえるでしょう。そこで、99歳をめでたくお祝いする習慣として白寿(はくじゅ)祝いがあります。
おじいちゃん、おばあちゃんの99歳というおめでたい年齢をきちんとお祝いするためにも、ここでは白寿祝いの由来や、伝統的な作法など、知っておきたい豆知識をご紹介します。

白寿の由来とは?

白寿の由来とは、「百」から「一」を引くと、数字で「九十九」、さらに漢字の字面も「白」となることから、99歳をお祝いする時期として「白寿」と呼ばれるようになったとされています。
昨今の長寿化は目覚ましく、80歳以上が平均寿命となっている現在の日本では、99歳の白寿を迎える方々は年間数万人規模にもなるといわれています。
99歳というのは誰もが到達できる年齢ではないため、白寿は長寿祝いの中でも特に大切とされる年齢であるといえるでしょう。

2019年に白寿になる干支は?

2019年に白寿を迎える方々の干支は、数え年で大正10年(1921年)の98歳の酉(とり)年、また大正9年(1920年)の99歳の申(さる)年です。
※なお、長寿祝いの時期は地方・地域によって様々ですので、お祝いの際には念のため、土地の風習を確認しておくと安心です。

白寿祝いとは?

白寿祝いは99歳をお祝いするものであり、その開催時期については各自で決めても問題はありません。ご家族が集まりやすいお正月、ゴールデンウィーク、お盆などの長期休暇に合わせたり、敬老の日やお誕生日に合わせたりするのも良いですね。
なお、長寿祝いでは旅行や食事会などのお出かけをする場合もあると思いますが、白寿祝いともなれば99歳とたいへんご高齢ですから、おじいちゃん、おばあちゃんのご健康を第一に考えて、無理のないお祝いを計画することをおすすめします。

白寿祝いには何を渡すべき?

白寿祝いのテーマカラーと呼べる色は、その名の通り「白色」です。白は「健康」「神聖」「祝福」といった意味合いがあり、めでたい白寿祝いにはふさわしい色合いだと言えるでしょう。
お祝いの品としては、白いちゃんちゃんこ、頭巾、座蒲団などをプレゼントして記念撮影するのが習わしとして有名ですが、ご本人のお好みの品物を用意したり、またお祝いのお花をお贈りしても喜ばれます。
お花のギフトは、白寿のテーマカラーである白色を取り入れやすいのでおすすめです。おじいちゃん、おばあちゃんのお好きな色のお花をメインに、引き立て役としてテーマカラーの白を合わせたフラワーギフトはいかがでしょう。花束やアレンジメントはもちろん、「長寿・繁栄」という意味を込めたプリザーブドフラワーもおすすめです。

「意外に知らない?敬老の日」に戻る

「敬老の日」をもっと知る