─クリスマスのお話「世界のクリスマス ヨーロッパのクリスマスマーケット」クリスマスに贈る花2018年─

花で楽しむクリスマス クリスマスには花をプレゼント

クリスマスのお話
ヨーロッパのクリスマスマーケット

心あたたまる、それぞれのクリスマス

世界のクリスマス ヨーロッパのクリスマスマーケット

世界のクリスマス ヨーロッパのクリスマスマーケット

ヨーロッパの多くの国々にとって、クリスマス(12月24、25日)はキリストの生誕を祝う大切な行事であるとともに、心躍るイベントシーズンでもあります。
11月末のアドヴェント(待降節)からは、ヨーロッパ各地でクリスマスの準備がスタート。その中心とも言えるのがクリスマスマーケットです。
特に、ドイツのニュルンベルク・シュトゥットガルト・ドレスデンで開かれるクリスマスマーケットは“三大クリスマスマーケット”と呼ばれる有名なマーケットです。
ニュルンベルク(世界一有名なクリスマス市)、シュトゥットガルト(世界最大のクリスマス市)、ドレスデン(世界最古のクリスマス市)の3つのクリスマスマーケットには、ヨーロッパ中からはもちろん、世界中から多くの人々が訪れます。

美しいイルミネーションで飾られたクリスマスマーケットには、色とりどりのクリスマスの飾りや食べ物、お菓子などが並び、人々はグリューワイン(ホットワイン)で暖を取りながらあちらこちらのお店を覗き、にぎやかに買い物を楽しみます。聖歌隊や音楽隊によるコンサートなども催され、美しい歌声にクリスマスムードが一気に高まります。
まるでおとぎ話の世界のように美しく、心わくわくする場所、それがヨーロッパのクリスマスマーケットなのです。

ヨーロッパでは、25日のクリスマス当日は家族や大切な人と家で過ごすことが一般的であるため、クリスマスマーケットは24日のクリスマスイブまでに終わってしまうところがほとんどです。
ヨーロッパのクリスマスマーケットに訪れる際には、開催期間のチェックもお忘れなく!

「心あたたまる、それぞれのクリスマス」へ戻る

クリスマスのお話あれこれ