─クリスマスのお話「手作りのクリスマスツリーで楽しもう」クリスマスに贈る花2019年─

クリスマスには花をプレゼント

クリスマスのお話
手作りのクリスマスツリーで楽しもう

クリスマスの花 豆知識

手作りのクリスマスツリーで楽しもう

手作りのクリスマスツリーで楽しもう

どんなクリスマスツリーを飾ろうか、今年の飾りつけはどうしようかとあれこれ考えることも、クリスマスの楽しみのひとつ。市販のツリ―も素敵ですが、身近にあるもので素敵なクリスマスツリーを手作りすることも可能です。
お子様と一緒に楽しめるクリスマスツリーの作り方をご紹介します。世界で一つだけのクリスマスツリーを、ご家族で手作りしてみませんか?

折り紙や包装紙でカラフルなクリスマスツリー

お好きな色の折り紙、または包装紙を三角形に折ったものを何枚か用意し、それを組み合わせてクリスマスツリーの形にします。平面的なものは壁やドアにそのまま貼れば、クリスマスのインテリアになります。色や柄の組み合わせを変えても楽しいですね。
または、少し難しいですが、モミの木の形に切った紙を自立するように3〜4枚組み合わせ、のりやテープで固定しても。作り方に決まりはないので、自由に工夫してオリジナルツリーの完成を目指してみましょう。

モールを使った小さなクリスマスツリー

モールとは、もこもことしたカラフルな毛の付いたワイヤーのことです。手芸や工作、ラッピングなどによく使われます。手芸店やホームセンターなどで購入することができます。
まず、円錐型の土台になるものを用意します。ボール紙をくるりと丸めて円錐型にし、テープで端を止め、安定して置けるようハサミで下のほうをまっすぐに切ります。
その円錐形の型紙に薄く接着剤を塗り、頂点にモールの先端を差し込みます(こうすると、ワイヤーの先端が飛び出すことがなく安全です)。そこから下に向かって、モールをぐるぐると隙間なく巻きつけていきます。下まで巻き付けたらモールを切り、先端は内側に折り込んでおきます。これで、簡単でかわいいクリスマスツリーの完成です。
ツリーらしい緑色のほかにも、クリスマスカラーの赤や白、金色など、さまざまな色やサイズのツリーをたくさん作ってみてはいかがでしょう。接着剤でビーズやスパンコールなどを貼り付け、オリジナルのデコレーションを施して楽しんでもいいですね。

毛糸を使ってやさしい雰囲気のクリスマスツリー

モールを使って作る場合と同じように、ボール紙をくるりと丸めて円錐型にし、テープで端を止め、安定して置けるようにハサミで下のほうを切ります。そこに接着剤を塗り、毛糸をぐるぐると巻きつけていきます。太めの毛糸を使うと、ふんわりとした形になります。モールで作るツリーとはまた違った、ハンドメイドのやさしい雰囲気あふれる素朴なツリーになります。色の違う毛糸を何色か使っても良いですね。

フェルトであたたかクリスマスツリー

あたたかみのあるフェルトは、冬のハンドメイドにぜひ活用したい素材です。お好きな色のフェルトをツリーの形に切り、2枚を縫い合わせて中に少しわたを詰め、ふっくらとさせましょう。ひもやリボンを付け、壁やドア、窓辺に吊り下げれば可愛らしいインテリアになります。チャームのようにカバンに付けたり、クリスマスプレゼントのリボンに結んだり、さまざまな楽しみ方がありそうです。

松かさ(松ぼっくり)で愛らしいクリスマスツリー

松かさは、ヨーロッパでツリーに使われるマツ科のモミやトウヒなどからも採れる果実で、寒い冬でも力強い生命の象徴。クリスマスツリーのオーナメントとして伝統的なクリスマス素材です。
そんな松かさが、少しの工夫で小さなツリーに早変わり。ペットボトルのふたを土台にして、松かさをちょこんと乗せれば即席ツリーの完成です。白いカラースプレーを軽く吹き付けて雪を表現したり、全体的にシルバーやゴールドのカラーを塗ってゴージャスな雰囲気のミニツリーにしたり。形の良い松かさを、お散歩がてらたくさん拾っておくと良いですね。

ショートパスタやマカロニを使ってポップなクリスマスツリー

市販のショートパスタやマカロニには、リボンや貝殻、車輪の形など、ユニークな形のものがたくさんあります。お好きな形のショートパスタやマカロニを、ツリーの形に切った厚紙に接着剤で隙間なく貼り付けてみましょう。カラースプレーで色付けすれば、手軽にポップなクリスマスツリーの完成です。

マスキングテープで壁にクリスマスツリーを描こう

小さなお子様やペットがいるので、大きなクリスマスツリーは飾れないというご家庭におすすめなのが、カラフルなマスキングテープを使った“壁面クリスマスツリー”です。リビングや子供部屋の壁に、さまざまな色や柄のマスキングテープをお好きな形に切って貼り付けてみましょう。離れて見たときに大きなクリスマスツリーに見えるように、細長い2等辺三角形のかたちに貼っていくのがポイントです。ご家族の写真や、お子さんが描いた絵、受け取ったクリスマスカードなどもマスキングテープで一緒に貼り付けて、壁いっぱいにオリジナルのクリスマスツリーを描いてみましょう。

観葉植物をアレンジしてクリスマスツリーに

ご自宅で育てている観葉植物があれば、クリスマスのデコレーションを施してクリスマスツリーに変身させてみましょう。ポトスやテーブルヤシ、パキラやベンジャミンなど、お馴染みの観葉植物の枝にクリスマスカラーのリボンを結んだり、小さくて軽いオーナメントを下げたり、葉にふんわりと綿を乗せて雪を表現したりすれば、クリスマスツリーに変身。枝の細い観葉植物であれば、クリスマスモチーフのピックを土に刺すだけでもムード満点に。植物に負担のない範囲で、お好きなデコレーションを楽しみましょう。

クリスマスツリー特集はこちらから

「意外に知らない?クリスマス」へ戻る

クリスマスのお話あれこれ