• 会員ログイン
  • 新規会員登録
─ 第7回この花コンテストスペシャル企画 ─
毎日の仕事に欠かせない基本的な道具を教えてください。

花切りバサミ(写真1)、枝切りバサミ(写真2)、オアシスナイフ、ワイヤー用のハサミ、ニッパー、ペンチ、フローリストナイフ(写真3)など、カットする道具だけでもいろいろな種類があります。フローリストナイフはお花屋さんのためのナイフで、普通のナイフと違って右利き用・左利き用があります。これはふだんの仕事に最も欠かせないもの。ハサミよりも早く細かい作業が出来るので、慣れてしまえばアレンジメントもほとんどフローリストナイフひとつで作ることができます。
ハサミやナイフは、国内外のいろいろなメーカーのものがあり、好みや用途によって使い分けていますが、フローリストナイフには熟練の職人が手掛けた高価なものもあります。そうしたナイフを手にするには、使う側のプロ意識や技術があってこそだと思うので、道具へのこだわりはステータスといえるかもしれません。
結婚式で花嫁さんに欠かせないブーケや胸元につけるコサージュを制作するのに欠かせないのがワイヤー(写真4)です。出来上がりを見ると分かりませんが、花を組んでいく前に実はワイヤーを使って花に細工をしているんです。これはイメージ通りのデザインに仕上げるためのパーツ作りのようなもの。ワイヤーを使って細かい下準備をしています。

普通の人が見慣れない変わった道具はありますか?

今では普通に使っていますが、初めて見たとき「何だろう?」とびっくりしたのがバラの棘取り(トゲ取り)。これはバラの茎を傷つけずに簡単に棘が取れる道具です。毎年新しいものが出てきますが、最近はシリコン製のものがよく使われています。
グルーガン(写真5)も見慣れないものかもしれません。これは木や布を使ったクラフトワークの接着剤としても使われていますが、私たちはプリザーブドフラワーのアレンジメントに使っています。
その他、見た目のインパクトはありませんが、お花屋さん専用のアイテムとしてフレッシュミストやフラワーベルと呼ばれているスプレーがあります。これは切花の水分の蒸散を防いで花をフレッシュに保つもので、ブーケやコサージュによく使います。

自分なりの道具はありますか?

あります! 葉に動きをつけたいときは、これまでボールペンや指で巻いてクセ付けしていたんですが、もっと簡単にできないかなと思って考えついたのが、この “ひねりっこちゃん”※1。これだと作業も早く仕上がりもきれいなので、卓上花を大量に作るときなどとても役立っています。おまけに茎も傷めないので、今では手離せず、お店でも「おーい、ひねりっこちゃんどこいったの?」という会話が飛び交っているほど。実は商品化も目論んでいます(笑)。
「母の日」などの忙しい時期、大量のオアシスを使うときはプラスチックの衣装ケースが重宝しています。水をはった衣装ケースにオアシスをお豆腐みたいに浮かべておくと、そのつどオアシスを水につけなくて済むので作業に集中できるんです。専門的な道具以外にもこうしたアイディア次第で使えるものは沢山あります。

※1:ひねりっこちゃん
「ハートフラワー チャーリー」の篠田さんによるオリジナルのひねり棒。簡単に葉にクセ付けできて仕上がりもきれい。座談会の席でも好評でした。

道具に対する思いを聞かせてください。

ハサミやナイフを使いこなすことで細かい作業が可能になり、ワイヤリングやグルーガンでかたちを固定すればデザインの幅も広がります。そんなふうに道具は仕上がりの美しさを追求させてくれますが、もうひとつ大事なのは、花に優しい道具であること。例えば、切花の水揚げには必ず切れ味のいいナイフを使います。何故ならナイフは斜めに切れて断面積が広い上に花の茎を潰さないでカットできるので、花が水を良く吸収し長生きできるんです。花の下準備を任されることが多い新人のスタッフには、まず、そうした花の性質を知った上で、何故その道具を使うかという理屈を理解してほしいですね。そうすれば道具の使い方にも無駄がなく、花の仕上がりも格段に違ってきます。私たちも効率が良く仕事の精度が上がるもの、そして花に優しい道具があれば、積極