• 会員ログイン
  • 新規会員登録
─ EV SSL 証明書について ─
ホーム > EV SSL証明書について

お花にこめられた「想い」や「気持ち」も大切な個人情報です
インターネットショッピングサイトとして日本で初めて シマンテック EV SSL証明書を導入!イーフローラのWEBサイトは、一目で「安全」がわかります。
大切な方にお花を贈る ── それはお客様とイーフローラしか知りえない、個人情報以上の深い情報。
その大切なご注文情報を守るために、イーフローラは安全が一目でわかる「シマンテック EV SSL証明書」をいち早く導入しました。
会員ログイン画面や注文画面ではこのように表示されます
ここがチェックポイント!
画面
画面
注意!アドレスバーの背景がピンク色で、「Phishing Website」と表示された場合は、イーフローラに見せかけたサイト(フィッシング詐欺サイト)ですのでご注意ください。
フィッシング詐欺サイトイメージ
※Internet Explorer 7、Windows Vista または Windows XP のみ
Internet Explorer7 では、フィッシングサイトの可能性があるWEBサイトの場合は黄色に、フィッシングサイトである場合は赤色にそれぞれ変化します。
EV SSL証明書とは?
イーフローラは、お客様により安全にお買い物をお楽しみいただくために、インターネットショッピングサイトとしては日本で初めてEV SSL証明書を導入いたしました。 SSL証明書とは、ご覧いただいているWEBサイトが正当なものであることを証明するものです。EV SSL証明書は従来のSSL証明書に以下の機能が加わり、よりご利用のお客様にわかりやすくなりました。

● アドレスバーの変化

EV SSL証明書では、ユーザが利用するブラウザのアドレスバーの表示により、WEBサイトの信頼性を視覚的に識別できます。 Internet Explorer7から EV SSL証明書 を導入しているサイトに SSL接続 すると、ブラウザのアドレスバーがサイトの安全性を示す緑色に変化し、フィッシングサイトの可能性があるWEBサイトの場合は黄色に、フィッシングサイトである場合は赤色にそれぞれ変化します。

● WEBサイトを運営する組織の名前と認証局名の表示

Internet Explorer7 で EV SSL証明書を導入しているサイトにSSL接続すると、WEBサイトの運営主体組織の名前と、その組織を認証しEV SSL証明書を発行した認証局名が交互に表示されます。 SSL暗号化通信中であることを示す鍵アイコンもアドレスバーに表示されるようになるため、ユーザがWEBサイトの信頼性を明確に識別することができます。
シマンテック・ウェブサイトセキュリティホームページへ(弊社記事)
EV SSL証明書とは、CA/ブラウザフォーラム <*1> によって策定された、全世界標準の認証ガイドラインに基づいて発行されるSSL証明書です。認証ガイドラインでは、WEBサイトを運営する組織の実在性を確認する方法を厳密に規定しており、より確実な方法によって検証された企業に対して発行されるSSL証明書は、近年急増しているフィッシング対策に大きな効果を発揮し、WEBサイトの信頼性を高めます。
<*1> CA/ブラウザフォーラムとは、2005年に、SSLサーバ証明書を発行するシマンテック等の認証局やマイクロソフト等によって結成され、SSLサーバ証明書の標準的な発行ガイドラインの策定を目的とした業界団体です。EV SSL証明書は、CA/ブラウザフォーラムによって確立される検証プロセスに基づいて発行されます。
対応ブラウザと確認方法について

● アドレスバーが緑色に変化することを確認できるブラウザについて

Internet Explorer 7.x(Windows版)

  ※OSは Windows Vista または Windows XP のみ
なお、Internet Explorer 7.x 以外のブラウザでEV証明書をインストールしたサイトに接続した場合、アドレスバーの色は変化しませんがSSL通信は行われます。

● アドレスバーを緑色に変化させるには

1. ブラウザのメニューバーの 「ツール」 → 「フィッシング詐欺検出機能」 → 「自動的なWebサイトの確認を有効にする」をクリックします。
※既に設定が有効とされている場合は、メニュー名が「自動的なWebサイトの確認を無効にする」となります。その場合はそのまま終了してください。
2. ダイアログボックスが開くので、「自動フィッシング詐欺検出機能を有効にする(推奨)」を選択 → 「OK」ボタンをクリックしてください。

【Windows XP + Internet Explorer 7.x の環境でご利用の場合】

Windows XP + Internet Explorer 7.x の環境でアドレスバーを緑色に変化させるには、この機能に対応した「ルート証明書」が必要です。
以下のいずれかの方法で「ルート証明書」をインストールしてください。

1.シマンテック EV Upgrader

ノートンセキュアドシールが掲載されているサイトにアクセスするだけで、自動的に対応のルート証明書がインストールされます。
なお、今ご覧いただいているこちらのページにもノートンセキュアドシールを掲載していますので、Windows XP + Internet Explorer 7.x の環境でご覧いただいている場合は、ルート証明書がインストールされます。

※「シマンテック EV Upgrader」とは、シマンテックが独自に開発した仕組みです。ノートンセキュアドシールが掲載されているページに Windows XP + Internet Explorer 7.x などの環境から接続すると、自動的にルート証明書(Class 3 PCA G5)がインストールされます。
※当サイトでSSL対応となっているページ(会員ログインページ及び注文ページなど)にアクセスしてもアドレスバーが緑色にならない場合は、「2.Microsoft Update の実行」を行ってください。

2.Microsoft Update の実行

1. ブラウザのメニューバーの 「ツール」 → 「Windows Update」をクリックしWindows Updateのページにアクセスします。
2. 「カスタム」インストールを選択 → 「追加選択(ソフトウェア)」から「ルート証明書の更新プログラム」をインストールしてください。
※既に最新のルート証明書がインストールされてる場合は選択メニューに「ルート証明書の更新プログラム」が表示されません。