─ペットのお悔やみのマナーやメッセージ・例文、贈る花の選び方 ペットのお悔やみ・お供え花─

ペットのお悔やみ・お供えの花

知っておきたい基礎知識
ペットのお悔やみのマナーや
メッセージ・例文、贈る花の選び方

家族同然のペットとのお別れは悲しく、そして切ないものです。大切な方がその悲しみに暮れているときに、どんなお悔やみの言葉をかけてあげればよいのでしょうか。
ペットのお悔やみメッセージの例文やお悔やみの気持ちを表すお花の贈り物の選び方、また、知っておきたい「ペットロス症候群」の症状などについてもご紹介します。

知っておきたい基礎知識 ペットのお悔やみのマナーやメッセージ・例文、贈る花の選び方

友人・知人のペットの訃報。いつ、お悔やみの言葉をかけるべき?

ペットのお悔やみについては、とくに決まった作法があるわけではありません。そのため、訃報が届いたら、なるべく早い段階でお悔やみの言葉をかけてあげましょう。たとえ遅くなったとしても、心を込めてお悔やみを伝えることが大切です。
もしも「しばらくそっとしておいてほしい」といった連絡があった場合には、2〜3週間ほど経ち、少し落ち着いたと思われる頃に、改めて連絡をしてみるとよいでしょう。

悲しみに寄り添うペットのお悔やみのメッセージとは?

大切なペットとお別れした方が悲しみに暮れているときは、その気持ちに寄り添い、悲しみを分かち合いたいという想いを込めたメッセージをお送りしましょう。
家族同然の存在だったペットを失ったことに対する悲しみや、生前の愛らしい姿、楽しかった思い出を共有できるようなメッセージの例文をご紹介します。

  • 同じように、悲しい気持ちでいっぱいです
  • 〇〇ちゃん(ペット名)は、本当に賢くていい子でしたね
  • 一緒に遊んだ時間は、私にとっても楽しく幸せなものでした
  • あなたと一緒に過ごせて、〇〇ちゃん(ペット名)はとても幸せな生涯だったのでしょうね
  • 〇〇ちゃん(ペット名)は、天国からあなたのことをずっと見守ってくれると思います
  • いつか、〇〇ちゃん(ペット名)の思い出話をたくさん聞かせてください

悲しみを一番に伝えつつ、励ましの言葉も交えたこれらの例文を参考に、ご自分なりの思いやりのこもった言葉を探して伝えてみてください。

ペットのお悔やみのメッセージで避けるべき言葉とは?

ペットのお悔やみのメッセージで避けるべきは「また新しい子を飼えばいい」「替わりがいる」などという言葉です。亡くなったペットは、飼い主様にとっては、世界で1匹だけのかけがえのない家族だった存在です。
また、「かわいそうに」「苦しかっただろうに」などと、亡くなったペットの苦しみに過剰に同調するようなお悔やみのメッセージも避けるべきです。共感すべきはペットの死の苦しさではなく、ペットの死に直面した飼い主様の悲しみです。

ペットのお悔やみをメールやSNSで送る時の注意点

友人や知人とメールやSNSなどのネット上でつながっていることの多い現代においては、顔を合わせてペットのお悔やみを伝えるよりも前に、まずメールやSNSでお悔やみを伝える場合も多いと思われます。
簡単に絵文字やスタンプだけで会話のできるSNSでは、お悔やみのメッセージを送る時も、絵文字やスタンプで悲しい雰囲気を払拭しようとしがちですが、親しき仲でもまずは言葉でお悔やみの気持ちをきちんと伝えることが大切です。
大切なペットとお別れした相手の悲しみを思いやる気持ちを忘れず、心を込めたメッセージを送りたいものですね。

ペットのお悔やみの贈り物は、飼い主様の気持ちに寄り添うお花を

ペットのお悔やみの贈り物は、飼い主様の気持ちに寄り添うお花を

ペットのお悔やみで、飼い主様の悲しみを少しでも和らげるために、何か贈り物をしたいと考える方は多いことでしょう。ペットのお悔やみのギフトとしては、亡くなったペットに捧げると同時に飼い主様の心を和ませるようなお花がおすすめです。
ペットのお悔やみのお花に慣習的な決まりはないので、飼い主様が好きな種類のお花を選んだり、生前のペットのイメージに合わせた色合いのお花を選んだりすると喜ばれます。
なお、ペットにあてて贈るお悔やみのお花は、「飼い主様の名前+ペットの名前」で送るケースが多くなっています。ペットに個別のお悔やみメッセージを贈りたい場合は、別途「〇〇ちゃん(ペット名)へ」としてカードや手紙などを添えると良いでしょう。

ペットとの死別で苦しむ「ペットロス症候群」についての基礎知識

ペットとの死別のショックにより、心や身体の病気を患ってしまうケースを「ペットロス症候群」と呼びます。症状や期間は人によってさまざまですが、数日〜数か月、あるいは数年にも渡るケースもあります。
昨今ではペットは「伴侶動物(コンパニオンアニマル)」とも呼ばれ、家族の一員としてかけがえのないパートナーとなっています。そうした存在との死別は、人間の家族を失うことと同じ悲しみなのです。
ペットのお悔やみの言葉を送るときには、そうした「ペットロス症候群」の背景も理解し、ひとつの命が失われたことに、真摯に向き合う姿勢を持つようにしましょう。

ペットのお悔やみ・お供え花特集 トップへ