• 会員ログイン
  • 新規会員登録
─ホワイトデーに贈る花 ホワイトデーの由来とは?─

ホワイトデーに贈る花 イーフローラの「ホワイトデー特集ページ」です

バレンタインのお返し、まだ決めていなかった・・・という方も大丈夫。愛のお返しは花で決まりです!ラブな3ヶ月の締めくくりに、ホワイトデーには愛する人へ花を贈りましょう。
2013年ホワイトデー特集は終了しました。
現在、2014年ホワイトデー特集を企画中です。
※2013年ホワイトデー特集は終了しました
Love Quarter
愛妻の日(1/31)、バレンタイン(2/14)、ホワイトデー(3/14)の3つの愛のイベントが続く3ヵ月は“LOVE Quarter”。大切な方へ、フラワーギフトで愛を伝えましょう
Love Quarter 愛妻の日特集のページヘ
Love Quarter バレンタイン特集のページヘ
Love Quarter ホワイトデー特集のページヘ
Love Quarter特集のページヘ
ホワイトデーの由来とは?
ホワイトデーの由来とは?
ホワイトデー誕生のきっかけ
世界でもめずらしい日本ならではの習慣・ホワイトデー。その誕生のきっかけをご存知ですか?
きっかけとなったのは、2月14日のバレンタイン。そもそもバレンタインとは、世界の多くの国では「男女関係なく大切な人に花を贈る日」であることがスタンダードなのですが、日本だけは「女性から男性にチョコレートを贈る日」として広まり、定着しました。
そして、ここはさすが義理人情に厚い日本人。「プレゼントをもらったからには、きちんとお返ししなくては」と、バレンタインにチョコレートをもらった若い男性たちの間で、自然発生的に「お返し」の習慣が始まったそうです。
それに目をとめた「全国飴菓子工業協同組合」が、飴の販促のためにホワイトデーを始めたという説や、福岡の老舗のお菓子屋さんが「ホワイトデーのお返し用に」と白いマシュマロを売り出したことがきっかけという説などがあります。
なぜ「ホワイト」なのか?
では、なぜ「ホワイト」なのでしょうか。それは、「白は純愛のシンボルだから」だそうです。
誕生当時は、バレンタインデーやホワイトデーは若い人たちのもの、というイメージがあったのでしょう。さわやかな純愛を現すのに、「白」という色がぴったりだったのですね。
その他に、「飴の原料である砂糖が白いから」「マシュマロが白いから」という説もあるようです。
ホワイトデーが定着するまでには、さまざまな仕掛け人たちの努力あったようですが、それが世間に受け入れられたのは「プレゼントをいただいたらお返しをする」という日本人の習慣に、ホワイトデーがうまく馴染んだからなのでしょう。
なぜ3月14日とされたのか?
ホワイトデーが3月14日とされた理由は、「バレンタイン神父が殉教した2月14日の1ヶ月後に、バレンタイン神父によって救われた男女が結ばれたから」という説や、古事記などの古い書物にある記載から・・・という説もありますが、はっきりとは分かっていません。
単純に「バレンタインの1ヶ月後をお返しの日とすれば普及しやすいから」という説もあるようです。
海外の「ホワイトデー」にあたる日は?
ヨーロッパを中心とする海外には、春に「フラワーデー」「クッキーデー」「マシュマロデー」などと呼ばれる日があり、親しい友人同士や恋人同士でプレゼントを交換し合う習慣がありますが、バレンタインのお返しという意味はないそうです。バレンタインのお返しの日まできっちりと決まっているのは、世界の中でも日本だけだとか。
なお、お隣の韓国では、日本の影響で「ホワイトデー」が徐々に広まっているそうです。