─入学・卒業・就職祝いの花贈りガイド 入学・卒業・就職祝いには花のギフトをプレゼント─

入学・卒業・就職祝いに贈る花

入学・卒業・就職祝いの花贈りガイド

この春、新たな門出を迎える新入生や新社会人へのお祝いに。またはお世話になった先生や恩師、先輩への感謝のギフトに。これから始まる人生へのエールや、これまでの感謝の気持ちを、フラワーギフトに託してお贈りしましょう。
入学・卒業・就職祝いに贈る花の選び方や、花贈りの際のポイントについてご紹介します。

入学・卒業・就職祝いに贈る花とは?

入学・卒業・就職祝いの花贈りガイド

2月から3月にかけての卒業式や謝恩会、そして4月の入学式や入社式。春は出会いと別れの季節です。慣れ親しんだ場所に別れを告げ、新しい世界へと一歩を踏み出す方は、たくさんの希望と期待を胸に“その時”を待ちわびていることでしょう。
フラワーギフトは、そんな気持ちを盛り上げ、勇気づけ、人生の節目に彩りを添えてくれるもの。「ご卒業おめでとう」「ご入学おめでとう」「これからもがんばってください」などのメッセージを添えた花で、新生活を迎える方にエールを送りましょう。

晴れの日のお祝いにはお花!その理由は…

入学・卒業・就職祝いに花のギフトがおすすめな理由としては、以下のようなものがあります。
ひとつめの理由は、花は気持ちが伝わるギフトだということ。面と向かってはなかなか言えないことも、花に添えたメッセージとしてお贈りすることで、自然に伝えることができます。また、伝えたい花言葉を持つ花を選んでも良いでしょう。
ふたつめの理由は、花の持つ癒し効果です。まだ慣れない新生活の中でも、明るい色の花を眺め、その香りを感じれば、ほっとリラックスしてもらえそうです。
三つめの理由は、贈られた当人はもちろん、ご家族で楽しんでいただけること。食卓や玄関など、ご家族が集まる場所に飾っていただきましょう。こういった意味合いから、ご両親あてに花をお贈りすることもおすすめです。

入学・卒業・就職祝いに贈る花の選び方

卒業式や入学式、入社式が行われる2月〜4月は、たくさんの旬の花が花屋に並びます。そのため、どんな花を選べばいいか迷ってしまうことがあるかもしれません。そこで、入学・卒業・就職祝いのギフトにふさわしい花の選び方をご紹介します。

スタイルで選ぶ

フラワーギフトとして代表的なアレンジメント、花束、プリザーブドフラワー、バルーン付きの花などをご紹介します。

アレンジメント

器に吸水スポンジを入れ、そこにお花を活けたスタイルをアレンジメントと言います。藤のバスケットや陶器、木製ボックスなど、器と花の組み合わせでさまざまな表情が出せるところがアレンジメントの魅力です。花瓶に移し替えずにそのまま飾ることができます。

花束

ギフトの定番スタイルといえば花束。花束とは、生花を束ねてラッピングしたものです。卒業式や謝恩会の会場で、卒業生へお贈りすることはもちろん、卒業生から先生や恩師などへお贈りする場合もあることでしょう。男女問わず人気のスタイルですが、男性にお贈りする場合は、イエロー系やオレンジ系などの色合いの小ぶりな花束がおすすめです。

プリザーブドフラワー

花の水分を抜き、乾燥させて作るプリザーブドフラワー。花の美しいみずみずしさを保ち、長期間楽しむことができます。ブルーやグリーンなど、生花にはあまりない個性的な色合いがあることも魅力のひとつ。愛らしいもの、大人っぽいもの、おしゃれなものなど表情豊かなプリザーブドフラワーは、お贈り先様によく似合うものを選んでお贈りしても喜ばれそうです。

バルーン付きの花

星やハート、動物などがモチーフのバルーン、ヘリウムガスでふわふわと浮かぶバルーン、花の美しさを引き立てるラバーバルーンなど、さまざまなタイプのバルーン付きの花があります。幅広い年齢層の方に喜んでいただける楽しいギフトです。

花言葉で選ぶ

春は、新たな旅立ちへのエールや感謝の気持ちをあらわす花言葉を持つ花がたくさん出回ります。
例えばスイートピー。名前の通りの甘い香りとパステルカラーが愛らしい春の花ですが、「門出」「また会おう」「優しい思い出」といった花言葉を持つことから、卒業式や送別会のギフトによく選ばれます。
また、一年を通して人気の高いガーベラは、色にもよりますが「希望」の花言葉を持ち、入学式・卒業式をひとつの節目に新たなスタートをきる方に是非贈りたいメッセージです。

色で選ぶ

春の花々の魅力は、その色彩の豊かさ。お贈りする方に合わせたカラーを選んでお贈りすると喜んでいただけます。たとえば、入学・入社など新たな門出を盛大に祝うならレッド系の華やかな色合い、先生や恩師など目上の方にお贈りする感謝の花ならシックな色合い、新天地でこれから頑張る方へのエールならイエロー系やオレンジ系の元気が出るような色合いなどはいかがでしょう。

入学・卒業・就職祝いに贈りたい花たち

入学・卒業・就職祝いに贈る花

「卒業生や新入生、新社会人に伝えたい花言葉」「晴れの日にふさわしい華やかさ」「季節感」をふまえ、入学・卒業・就職祝いに贈るフラワーギフトとして選びたい花をご紹介します。

スイートピー

春を代表する花のひとつがスイートピーです。スイートピーには「門出」「また会おう」「優しい思い出」といった花言葉があります。これは、スイートピーの花弁が、まるで蝶が飛び立つような形をしていることが由来と言われています。ピンクや黄色といった淡い色合いも豊富なので、他の花と組み合わせれば、お互いの良さを引き立て、春らしい優しい雰囲気を持つフラワーギフトになります。

チューリップ

スイートピーと同じく春を代表する花・チューリップも、入学式・卒業式や就職祝いのギフトに人気です。チューリップ全体の花言葉は「思いやり」「博愛」「名声」です。さまざまな色や形があり、色はおなじみの赤、白、ピンク、黄色やオレンジ、花びらの形では、先が丸いもの、尖ったもの、縁がフリル状のものなど。咲き方は、一重や八重、すぼまった状態で開花するもの、逆に花びらが外側へ反り返って咲くものなどさまざまです。個性豊かなチューリップは、春のフラワーギフトの主役にぴったりです。

ガーベラ

一年を通してフラワーギフトに人気のガーベラ。花言葉は「希望」「常に前進」、この春に卒業を迎える方にお贈りしたい花です。ガーベラもまた形やカラーバリエーションが豊富なので、春らしい色を選んでお贈りしてはいかがでしょう。

カーネーション

花束やアレンジメントなどによく使われるカーネーション。ピンクのカーネーションには「感謝」、白のカーネーションには「尊敬」、紫のカーネーションには「誇り」「気品」などの花言葉があるので、これらの色を組み合わせてお世話になった先生や恩師などにお贈りしてはいかがでしょう。

バラ

晴れの日を華やかに彩る花の女王・バラ。男女問わず人気のあるバラの花は、門出を迎える大切な方へのお祝いギフトにぴったりです。ピンクのバラには「感謝」、黄色のバラには「友情」といった花言葉があります。

マーガレット

春に旬を迎えるマーガレットも、春のお祝いギフトにおすすめしたい花のひとつです。花言葉は「誠実」「信頼」「真実の愛」などがあり、お世話になった先輩や先生方へお贈りしたいフラワーギフトです。

ダリア

存在感があり華やかなダリア。品種改良がすすみ、春にも手に入るようになってきたため、入学・卒業・就職祝いのギフトとしても人気です。ダリアの花言葉は「栄華」や「気品」、色別だと、赤いダリアは「栄華」「華麗」、黄色のダリアは「優美」、白のダリアは「感謝」という意味を持ちます。

カスミソウ

小さな花がふわふわと愛らしいカスミソウ。名前の由来は、春霞がかかったようなたたずまいからとも言われています。アレンジメントでも、花束でも、優しい雰囲気でメインの花を引き立て、見る人の心を和ませてくれます。花言葉は「感謝」「清らかな心」「幸福」「親切」などです。

トルコキキョウ

「希望」や「思いやり」、「良い語らい」といった花言葉をもつトルコキキョウ。新しい環境で良い友人に巡り合えますようにという願いを込めてお贈りしてはいかがでしょう。トルコキキョウは花が比較的長持ちするため、入学式や卒業式、入社式が終わった後もしばらく楽しんでいただけます。

花選びに迷ったら「プロにおまかせ」

入学・卒業・就職祝いの花選びに迷ったら、花のプロにおまかせください。イーフローラの「プロにおまかせ」は、花のスタイル・カラー・ご希望価格帯をご指定いただき、デザイン・制作はおまかせするご注文方法。おつくりしたフラワーギフトは、送料無料の手渡しで花屋が心を込めてお届けします。

入学・卒業・就職祝いの花贈り 予算は?

「おめでとう」の気持ちを伝える入学や卒業、就職祝いの花の金額に明確な決まりはありませんが、一般的な予算をご紹介します。
ご親戚やご友人のお子様の入学祝いや卒業祝いなら、3,000円〜5,000円の予算が目安となります。お子様が高校生や大学生など大人に近い年齢の場合は5,000円以上の花束で、合格祝い(または就職祝い)などを兼ねても良いかもしれません。
また、後輩の立場から、卒業していくサークルや部活動の先輩方に花を贈る場合なども、やはりおひとりにつき3,000円〜5,000円の花を目安にすると良いでしょう。
謝恩会などで先生方にこれまでの感謝を込めて花を贈る場合は、5,000円以上の華やかで品のある花束やアレンジメントなどをおすすめします。

入学・卒業・就職祝いの花贈りで気をつけたいこと

新しい旅立ちを控え、わくわくドキドキしている新入生や新社会人の皆さんには、元気と勇気が出るような花でエールを送りたいものです。入学祝いや卒業祝い、就職祝いの花贈りで気をつけたいこととは?

花を贈る時期

入学式や卒業式当日は、ご本人はもちろんご家族も慌ただしく過ごしていらっしゃいます。花をご自宅にお届けする場合は、あらかじめ式の日を伺っておき、式の当日ではなく日にちをずらしてお贈りすると良いでしょう。入学式の場合は、式の1週間前までにお祝いの花をお届けできるようにします。幼稚園への入園や小学校の入学祝いであれば親御さん宛に、中学・高校・大学生ならご本人宛にすると喜んでいただけます。
卒業祝いの花の場合は、卒業式からあまり日を置かず、1〜2週間以内を目安にお贈りしましょう。
就職祝いの花の場合は、入社してから少し落ち着いた頃を見計らって花をお届けしましょう。新入社員としてまだまだ緊張しがちな日々を、花がきっと癒してくれます。

当日お贈りする場合は、持ち帰ることにも配慮

式の当日に花をプレゼントする機会がある場合は、花を入れる手提げ袋なども用意し、一緒にお渡しすると良いでしょう。

お贈りする方のライフスタイルは?

入学・卒業・就職を機に一人暮らしを始める方や、学校や会社の寮に入る方もいらっしゃることと思います。お引っ越しの準備や片付け、授業や仕事の関係などで、新生活のスタート当初はなかなか家にいられないという場合があるかもしれません。
そんな時は、相手の方の生活が落ち着いたころを見計らって、改めてお祝いの花をお贈りしましょう。お一人暮らしであれば、花瓶のいらないアレンジメントや、お手入れの手間のかからないプリザーブドフラワーにメッセージを添えてプレゼントすると喜んでいただけそうです。

2〜3月は花屋も大忙し。イーフローラで余裕をもった花贈りを

卒業式や入学式、入社式のシーズンは、お祝いや送別の花を求める人々で花屋の店頭も大変混雑します。お祝いの花は、事前に余裕をもって手配しておくと安心です。
イーフローラの「来店予約」は、ご自宅または会場近くの花屋に来店の予約をしていただくと、お約束のお日にち・お時間までにご希望の花をご用意できる便利なサービスです。当日はお待たせすることなく、店頭でスムーズに花をお渡しいたします。WEBからのご予約後に花屋から確認のお電話をいたしますので、その際に花についてご相談いただけます。
また、花屋の「手渡しお届け」なら、お届け先近くの花屋が直接花を手渡しでお届けするので送料無料(※)。花のプロが責任をもって花をお届けします。
入学・卒業・就職祝いの花贈りは、イーフローラにおまかせください。
(※)地域により手渡しお届け可能商品が限られる場合があります。また、一部特別配送料を承る地域やお届けできない地域があります。