• 会員ログイン
  • 新規会員登録
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
いづへい北柏店
  •  

神様が最後に地上へ落とした花、胡蝶蘭・・・
原種はジャングルなどで岩に寄生して、根が空気中の水分を摂って生息します。
その為、管理は簡単。水やりは控えめに。
レースのカーテン越しの明るさの所に置いてください。
 
一日の温度差の大きいこの季節、お花の持ちが一番悪くなる時期ですね。
体調を崩される方も多くお見舞いに伺う機会もあるかと思いますが、伺う時にはお相手の年代や性別に合わせた、気持ちの明るくなるお花を選びたいですね。
強すぎる色の取り合わせや香りの強いお花も避けたいものです。
 
お悔やみに差し上げる時のお花として以前は四十九日を基準に、四十九日前は白基調でしたが、最近は贈られる方のそれぞれの思いを込めて淡いお色を入れる方が増えています。残されたご家族の悲しみを癒す意味で、明るめのお花を贈られるのも良いと思います。
 
 
↓画像をクリックすると大きな画像が見られます。