• 会員ログイン
  • 新規会員登録

─花をたのしむ夏2017年 旬の花を楽しみながら夏を快適に過ごしましょう─


ツイートでプレゼント!詳しくはこちら

とっておき!花をたのしむ夏 イーフローラの「とっておき!花をたのしむ夏特集ページ」です

元気いっぱいのヒマワリ、夏空に映える真っ赤なハイビスカスや南国気分のアンスリウム、
さまざまな色や柄をたのしめる朝顔など、夏のお花はまさに今が旬です!

「花をたのしむ夏特集」では、知って楽しい夏のお花の豆知識や、お花に出会えるとっておきスポットのご紹介、
フラワーギフトカードが当たるキャンペーンなどを通して、お花の魅力をたっぷりお届けします♪

この夏は、イーフローラでの花贈りはもちろん、お近くの花屋にもぜひお出かけくださいね。

現在、2017年の夏特集を企画中です。
2017年の夏特集をお楽しみに!

こんなに豊富!ヒマワリの品種

夏の花といえば一番に思い浮かぶ『ヒマワリ』には、実にたくさんの品種があります!

大輪のヒマワリから、お花屋さんでよく見かけるアレンジメントや花束用の小さいヒマワリなど、
大きさはもちろん、色や花びらのつき方などその姿はさまざま。

イメージ通りのヒマワリから、ちょっと意外な色や形のものまでご紹介します。
夏を代表する花をもっとよく知ってみませんか?

サンリッチオレンジ

ヒマワリといえばまず思い浮かぶのがこのサンリッチオレンジ。一重咲きのイエローオレンジで中心は黒。定番品種です。

サンリッチフレッシュオレンジ

サンリッチオレンジの中心が黒なのに対し、こちらのサンリッチフレッシュオレンジは白。鮮やかさと爽やかさをあわせ持つヒマワリ。

サンリッチパイン

サンリッチオレンジがオレンジの代表なら、このサンリッチパインは黄色の代表品種。明るくさわやかな黄色です。

レモンエクレア

レモンイエローの八重咲き品種のレモンエクレア。花びらの先がカールしていてシャープ。中心がグラデーションでやや柔らかな印象です。


ビンセントネーブル

ビンセントネーブルはイエローオレンジの花びらで中心は黒。ヒマワリのイメージにぴったり!『ビンセント』とはゴッホの本名です。

ビンセントポメロ

爽やかなレモンイエローのヒマワリ、ビンセントポメロ。こちらもヒマワリの絵をたくさん描いたゴッホの名前がついています。

ゴッホのヒマワリ

ゴッホの名画「ひまわり」をイメージさせる『ゴッホのヒマワリ』。ややうねりのある花びらが特徴的です。

モネのヒマワリ

こちらも画家シリーズ『モネのヒマワリ』。透明感のあるすっきりとした明るい爽やかなレモンイエローの八重咲き品種。


旭

『旭』は姫ヒマワリとして出回っています。ポンポンとした八重咲きの花びらがかわいらしい4pほどの小花です。

クラレット

シックな茶系の『クラレット』。赤茶〜チョコ色と色幅があります。茎も黒っぽいのが特徴です。珍しい品種です。

東北八重

中心部までぎっしり花びらがつまっている、豪華な八重咲きの『東北八重』。くすみのないイエローが特徴的です。

テディベア

ぬいぐるみのようなもふもふ感が人気の『テディベア』。たくさんの細かい花びらとかわいらしい名前で人気です。

花のように見える意外な夏の植物

つやつや鮮やかなアンスリウム、ふわふわ愛らしいケイトウ、くるりと丸まった上品なカラー…。
夏のお花は個性的で魅力的な品種がたくさん。でも、一見花びらのように見える部分は、
生物学的には花びらではないとご存知でしたか?そんな変わったかたちを持つ夏の植物たちを集めてみました。

本来の「お花」の部分は、いったいどんな形なのでしょう?
お花屋さんでこれらのお花を見つけたら、じっくり観察してみると楽しいかも!

アンスリウム
学名Anthurium
和名オオベニウチワ
別名アンスリューム
サトイモ科
赤、ピンク、白など
形態アレンジメント、花束、花鉢
夏らしい印象の『アンスリウム』。つややかなハート型のかわいい花のように見える部分は「仏炎苞(ブツエンホウ)」という葉が色づいたもの。実際の花は細長く突き出た部分にたくさん密生しています。
ケイトウ
学名Celosia argentea
英名Cocks comb
別名鶏冠花、セロシア
ヒユ科
赤、ピンク、オレンジなど
形態アレンジメント、花束、花鉢
ニワトリのトサカのような姿から『ケイトウ(鶏頭)』と名付けられたこの鮮やかな花のように見える部分は、茎が変化したものです。実際の花は、派手な茎の下に小さく隠れるように開花しています。
ブーゲンビリア
学名Bougainvillea
英名Bougainvillea
別名イカダカズラ(筏葛)
オシロイバナ科
ピンク、赤、紫、白など
形態アレンジメント、花束、花鉢
花鉢として人気の『ブーゲンビリア』は、夏をイメージさせる花のひとつ。花びらのような部分は「苞(ホウ)」とよばれる葉の一部。 代表的なピンクを始め、赤、紫、白などさまざまな色が出回っています。
センニチコウ
学名Gomphrena globosa
英名Globe amaranth
別名千日草(センニチソウ)
ヒユ科
赤、ピンク、白など
形態アレンジメント、花束
乾燥しても色あせない性質から『千日紅(センニチコウ)』と名付けられました。ポンポンとしたかわいい球状の花に見えるものは、「苞(ホウ)」と呼ばれる葉の一部。 アレンジメントや花束、ドライフラワーとして楽しめます。
クルクマ
学名Curcuma
英名Curcuma
別名ウコン
ショウガ科
ピンク、白、黄、赤、紫など
形態アレンジメント、花束
神秘的な姿で人気の『クルクマ』。花のように見える「苞(ホウ)」は葉の一部で、ピンクや白などの美しい色が長い間楽しめます。 実際の花は苞の下にあり、ちいさくてとってもかわいいので、ぜひお花屋さんに見に行ってくださいね。
カラー
学名Zantedeschia Spreng
英名Calla、Calla lily
別名カラーリリー、オランダカイウ
サトイモ科
白、赤、黄色、オレンジなど
形態アレンジメント、花束、花鉢
修道女の襟に似ていることから、英語で襟という意味の『カラー』という名前がつけられたとも言われています。上を向きラッパ状に広がっているのは、花ではなく「仏炎苞(ブツエンホウ)」とよばれるもの。中の棒状のものが花です。

夏でも元気におでかけ!全国にある花の名所。

北は北海道から南は大分県まで、日本全国の夏のお花の名所やお花にまつわるお祭り・イベントを集めました!
ヒマワリにラベンダ