• 会員ログイン
  • 新規会員登録

─新盆・初盆に手向ける花2017年─


新盆・初盆に手向ける花 イーフローラの「新盆・初盆特集ページ」です
新盆・初盆の風習は、日本人にとって欠かせない行事です。お墓やお仏壇をととのえ、心を込めた花をお供えしてご先祖をお迎えしましょう。
お盆や新盆・初盆の期間は地域によって違いがありますが、関東や都市部では7月盆、関西や地方では8月盆が一般的とされています。また、ご供花も地域ごとに風習が違う場合があります。
全国約1,300店のイーフローラ加盟生花店は、それぞれの地域に店舗を持ち、その土地の風習やマナーをよく知る花のプロ。だから、地域ごとの風習が大切なお盆・新盆や、ご法事の花もご安心しておまかせください。手渡しお届けで、お盆の花を大切にお届けします。
※一部特別配送料を承る地域やお届けできない地域がございます
現在、2017年のお盆・新盆に向けて特集を企画中です

新盆・初盆は故人がお家に戻られる最初のお盆

新盆・初盆の花

お亡くなりになってから四十九日を過ぎ、初めて迎えるお盆は「新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)」「初盆」等と呼ばれます。
亡くなられた方が初めてお家に戻って来られるお盆ということで、お仏前や玄関などに白一色の特別な盆提灯を飾るなどして、とくに手厚く供養される傾向があります。
新盆の白提灯は一年限りのものなので、お盆の最後に送り火で燃やしたり、お盆が終わったら菩提寺に供養をお願いします。
なお、四十九日を迎える前にお盆期間に入る場合については、その年ではなく翌年のお盆が新盆・初盆となります。

新盆・初盆のお花とは?

新盆・初盆のお供え花については、お亡くなりになってから日が浅いという配慮から、白色のみや白を基調にごく淡い色調でまとめたものをお贈りするとよいでしょう。
お届けする日は、通常のお盆と同じくお盆入りする前が望ましいとされます。

新盆・初盆の花贈りに迷ってしまったら…

新盆・初盆のご供花は、お亡くなりになってからまだ日が浅いという配慮から、一般的には白を中心とした色合いがよいとされています。
お届け先地域の地元の花屋におまかせしたい場合は「お盆のおまかせ商品」がおすすめです。
新盆・初盆の花 「お盆のおまかせ商品」は、スタイル(アレンジメントまたは花束)と価格、色合い(「地域の風習に合わせて」「白を基調に淡く」「色とりどりに」)をご指定いただくご注文方法。ご注文をお受けするのはお届け先近くの花屋、すなわち「その地域の風習を熟知した花屋」です。その花屋が、責任をもって風習に沿った新盆・初盆のご供花をおつくりするので安心です。
新盆・初盆の花をお贈りする場合は、色合いは「白を基調に淡く」をお選びいただくとよいでしょう。


お盆・新盆特集トップ
お盆の花を贈る 新盆・初盆の花を贈る 菊・ユリの花を贈る メッセージを添えて 来店予約
お盆・新盆のお話

お盆・新盆の花を贈るならイーフローラで。便利な各種サービスや花屋の手渡しお届け(送料無料)も

花のギフトを送料無料の手渡しお届け

花のギフトを送料無料の手渡しお届けで

花のギフトを全国の花屋から宅配便でお届け

花のギフトを全国から宅配便で

花をお届けしたらメールでお知らせ!花ちゃくメ〜ル

花をお届けしたらメールでお知らせ

「おまかせ商品」の写真をメールでお知らせ!この花メ〜ル

「おまかせ商品」の写真をメールでお知らせ

花のギフトの宅配発送をメールでお知らせ!ゆく花メ〜ル

花のギフトの宅配発送をメールでお知らせ

花のギフトに添えて。メッセージカードを無料作成!じぶんdeカード

花に添える無料メッセージカード

お待たせせずに花のギフトを店頭でお受け取り 来店予約

花のギフトを店頭でお受け取り

海外への花のお届けもおまかせください

海外への花のギフトのお届けも

シマンテック EV SSL 証明書を導入しています