─お盆・初盆の風習について お盆・初盆に手向ける花2017年─

お盆・初盆に手向ける花
お盆・初盆のお話

お盆・初盆の風習について

お盆・初盆の風習について

お盆・初盆は、ご先祖様をお家にお迎えし、感謝をこめてもてなし再びお見送りする一連の大切な行事です。全国的にも共通している「精霊棚」や「迎え火」「送り火」といった風習以外にも、お供え物や催し物などに地域ごとのさまざまな特色があります。

お盆の全国的な風習

【精霊棚】その様式は各家庭や地域の風習によって違いますが、一般的にお盆には、位牌を安置しお供えをする「精霊棚(盆棚)」が飾られます。ただ、近年は簡略化され、仏壇をきれいに掃除しお飾りをするだけのケースも増えているようです。

【迎え火】13日の迎え盆の夕方に、盆提灯を灯し、玄関先や庭先で麻の茎を乾燥させた「麻幹(おがら)」を焚くことを言います。地方によっては、お墓まで行き、掃除などをしてご先祖様を迎える「留守参り」を行うところもあります。

【送り火】15日か16日の送り盆の夕方に、ご先祖様の霊を帰すために焚くのが「送り火」です(京都の「五山送り火」などが有名)。また、川などで灯籠を流す「灯籠流し」も、送り火と同じ意味で行われる送り盆の風習の一つです。

地方でみられる独特なお盆の風習

【岩手県盛岡市】送り盆の行事として行われる、提灯やお供え物を飾った数メートル程の小舟に火をつけ北上川に流す「舟っこ流し」が有名です。

【甲信越・東海地方】仏壇などに「安倍川餅」をお供えする地域があります。また、新潟県や長野県の一部では、送り火・迎え火の際に唄をうたう風習もあります。

【石川県金沢市】お盆のお墓参りに来る人は、自分の名を記した「切子(きりこ)」と呼ばれる箱型の灯篭を持ち寄り、お墓の前に吊るします。金沢市とその周辺だけの風習であり、お墓の前にたくさんの切子が揺れているのは、金沢のお盆独特の風景だそうです。

【長崎県】お墓参りの際、お墓の前で爆竹や手持ち花火をにぎやかに鳴らす習慣があります。また、精霊流しや、精霊船を曳いて市内を練り歩く風習も有名です。

【沖縄県】旧暦7月13日がウンケー(お迎え)、15日がウークイ(お送り)と呼ばれ、この期間には、沖縄県ならではの独特な行事や風習が行われるそうです。有名なところでは、本島の「エェ挙げvを安置しゎ船を曳いて揩ソ花音た「麻幹(おがVn>【迎謔竰ァB金題盆魍の期す齡ハ的tnる人は、自父iァ壇窿Lュ <慣たgイ(お牛キ。nを模~の鵠でフ ニそ轣y送地獄迎x迎8が開く日 ニ特ウ手県訊釜蓋朔日(キ。<日先や痛た近年span>、です。 始6日z "../..・初盆の

柱フ石征亡sとネイ(お/" 初塩~は、お稗

ェV"../る人は、纂(とsと./imく供養チウ手県謔フ前で爆竹や手賜ハ常フ前にA川wlゥに鳴お盆i盆に)A15棟>送フ野菜や果物ゥに鱒i料理[(bソ煙フ石昔生B金フ好ホ」♂ヤ「ます。穴C地布、lo(棚経)キ。げvは、鉤県麻の熨ス初柾怩オお飾りbli> "../..≠笊初塩~Y 20px5日骭フ石昔an>ェ迷イ(おb黷鳫「ま塩除しノとヤ音ハ常フ前にAナスgイ、n>【迎のほ閧フ穀I)。金龝pan

【迎え阮~鬧麻の犂先祖様を迎bli> "../.フ白【迎はョはN限B ナ後ワすまた、ナ燃Qりn>みるし> ェ終鳫「の鵠逡提寺px5泓{チ。穴鞋塩れる箱型゚親者 ェ../.フ【迎え贈風ヌを「う謔フ前犂先祖様n>みェヲをする「精霊棚(盆置【迎代、通しan>現金え贈風ヌ麻の熨ス盾ニネイ(おbノ掃除しお飾りをするだ*****************omak3/">潤[02r_common">

../imを「うとヤ鉛窒「岡市】白い花「/sC地物b゚Qりの香cmを「う黷驍ニしWOで爆竹や爵ェヲト“りますh/ノキ県謔フ前で爆竹や手珠船を曳いて市内を練鹿児島く風習も有哩ニ族や親族がE書ワイ(お新仏> <キ。金創>【迎え阮~るn盛B仏壇などいるのは、金沢のお盆独ィ供えする瀦酪Kも有魔uィV盆見舞いる人は、纂(送n攅。an>、です。 *********************** -->
    お客様の声
    お客様の声
    お盆・初盆のDSget="_top" title="お客様の声">お客様の声
    送フヌで唐フDSget="_top" title="お客様の声">お客様の声
    お客様の声
    お客様の声
    o17dth: 40%; pa 各地

    のDSget="_top" v">サイノ>

    お盆・初ertboxipt> *********************** -->