• 会員ログイン
  • 新規会員登録

─お義母さんへ、どんな花を贈りますか?
母の日に贈る花2016年─


母の日に贈る花 イーフローラの「母の日特集ページ」です

母の日には、お母さんへ日頃の感謝と愛を込めて花をプレゼントしましょう。人気のカーネーションをはじめ、バラやコチョウラン、アレンジメントや花束、花鉢、プリザーブドフラワーなど…。イーフローラには、全国の花屋が心を込めておつくりする母の日のハートフルなフラワーギフトが揃っています。

みんなはどうしてる?「母の日」アンケート2016年お義母さんへ、どんな花を贈りますか?

年に1度のせっかくの機会。母の日を通して、義理のお母さんにも日頃の感謝の気持ちを伝えたいものですよね。
でも、いったいどんな花を贈ったらいいのか、微妙な距離感に考えこんでしまう人も多いはず。そこで、皆さんが義理のお義母さんに花を贈るときにはどんな贈り方をしているのかを、アンケートをとって調べました。

【質問】お義母さんに贈りたい花は?

【質問】お義母さんに贈りたい花は?

親近感を高めるのにベターな、花とお菓子のセットが一番人気

最も多かったのは、花とお菓子をセットにして贈るという意見でした。

  • ・和菓子がお好きなので、毎年アレンジメントしたお花と、銘菓や話題のお菓子をセットにします。(40代/女性/専業主婦)
  • ・小さくて場所も取らず、お手入れも必要ないプリザーブドフラワーと、ちょっとした焼き菓子をプレゼントしたいです。(20代/女性/専業主婦)
  • ・お義母さんとは仲良くやっていきたいもの。花だけだとカタイ感じがするので、お菓子やお茶請けで親近感を上げる。(20代/女性/専業主婦)
  • ・以前、フルーツも入った、お花のアレンジが喜ばれたので、食べ物プラスお花が良いかなと思っています。(40代/女性/専業主婦)

花だけでは堅いのでお菓子をプラスするといった意見や、お菓子が好きだから・喜ばれるからという意見が多く見られます。中には、生花は手入れが必要なため、逆に気を遣わせてしまうからという理由でプリザーブドフラワーを選ぶというも挙がっています。食べ物やお菓子と合わせることで、親近感を高めるのにプラス効果になっている様子がうかがえます。

花好きのお義母さんには、アレンジメントなど一工夫されたものを

次いで多かったのは、アレンジメントを贈る、花束を贈る、鉢植えを贈るという意見です。

  • ・アレンジメントを送って喜ばれたことがある。お花が好きなお母さんだったからとてもよかった。(30代/女性/専業主婦)
  • ・自分自身フラワーアレンジメントに興味があるので、今年は子どもと一緒にお世話になっているお義母さんに贈りたいです。(30代/女性/専業主婦)
  • ・ブーケスタイルの品の良い花束を贈ります。女性はいくつになっても花束をもらうと嬉しいものです。(40代/女性/専業主婦)
  • ・義母は花が好きで、アレンジメント教室にも通っていました。育てることも上手だったので、鉢植えを送り、しばらくは鉢のまま花を楽しんでもらい、終わったら地面へ移し来年また咲かせて楽しんでもらいたいと思います。(40代/女性/パートアルバイト)

アレンジメントを贈る主な理由としては、自分自身でもフラワーアレンジメントに興味があったり、お義母さんが花好きであったりというケースが見られます。また、せっかく年に1度贈るものだから、豪華で華やかな花束をプレゼントしたいという意見もあがりました。花を育てるのが好き、育てるのが上手なお義母さんには、長く変化が楽しめる鉢植えを贈る場合が多いようです。

相手の趣味や嗜好に合わせて、それぞれのスタイルで

お菓子とのセットや、アレンジメント、花束、鉢植え。いずれも、お義母さんとの親近感を高めたいという点では同じですが、お義母さんを想って選ぶと渡すものが変わってきます。お庭があれば、花好きの方なら鉢植えを、気軽に飾っていただきたい場合にはアレンジメントや花束を。また、お菓子や食べ物好きのお義母さんへはお菓子とのセットなどを。アンケートを見てみると、みなさん相手の趣味や状況に合わせた贈り方を選ばれているようです。
少し悩んでしまうお義母さんへのプレゼントですが、相手を考えて選ぶプレゼントはきっとお義母さんにも喜んでもらえるはずです。

≪調査概要≫
■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性【年齢】20〜40代【結婚】既婚
■調査期間:2016年02月09日〜2016年02月18日
■有効回答数:100サンプル

「母の日」をもっと知る

母の日の花を贈る