• 会員ログイン
  • 新規会員登録

─コラム「花言葉で伝える想い」
母の日に贈る花2017年─


母の日に贈る花 イーフローラの「母の日特集ページ」です

母の日には、お母さんへ日頃の感謝と愛を込めて花をプレゼントしましょう。人気のカーネーションをはじめ、バラやコチョウラン、アレンジメントや花束、花鉢、プリザーブドフラワーなど…。イーフローラには、全国の花屋が心を込めておつくりする母の日のハートフルなフラワーギフトが揃っています。

現在、2017年5月14日(日)の母の日に向けて特集を企画中です。
2017年の母の日特集をお楽しみに!
母の日特集 サイトマップ

花言葉で伝える想い

花言葉で伝える想い世の中には数えきれないほどの花があり、それぞれの花が、それぞれ意味の込められた花言葉をもっています。
有名なものとして、赤いバラの花言葉=「真実の愛」というものがありますね。
ここでは、そんな花言葉についてご紹介します。

花言葉のはじまりは、オスマントルコ時代の17世紀。
当時イスタンブールでは、その花が持つ印象やイメージを言葉に代え、花に添えてメッセージとする「セラム」という風習があったそうです。例えば「愛している」という花言葉をもつ花と「優しさ」という花言葉の花を贈って「優しいあなたを愛している」という想いを伝えるというもの。とてもロマンチックで素敵だと思いませんか?
その後、ヨーロッパ各地に広まっていき、1819年フランスのシャルロット・ド・ラトゥールによる 「Le Langage des Fleurs (花の言葉)」という本で800以上の花言葉が紹介されたのを機に、フランスやイギリス、アメリカでも流行し、やがて世界中に広まっていきました。
かれこれ300年以上。花言葉には、こんなに古い歴史があったのですね。

そんな花言葉ですが、実はひとつの花について花言葉はひとつではありません。
花言葉が世界中に広まっていく過程で、その土地ならではの歴史や宗教観、文化や風習、神話などと結び付き、いろいろな花言葉が派生したり付け加えられたりして今に至るからです。
花に対する解釈や思い入れは、それぞれの国によって様々なのです。その美しさと不思議な魅力で、どの時代、どの国でも人々を癒してきた花は、各民族にとって思い入れも特に深く、心を象徴する「象徴言語」的な役割を担ってきたということなのでしょう。

さまざまな国や時代でそれぞれの想いを受け止め、現代にまで伝わっている花言葉。
母の日には、自分の想いを花言葉にのせ、メッセージカードに添えてみてはいかがでしょうか?
口では照れくさくて伝えられないことも、花言葉ならきっとあなたの想いを素直に伝えてくれるはずです。