─母の日のお話「綺麗を保つ花のお手入れ」 母の日に贈る花2017年─

母の日に贈る花 イーフローラの「母の日特集ページ」です 母の日のお話 綺麗を保つ花のお手入れ

母の日の花 マメ知識

綺麗を保つ花のお手入れ

綺麗を保つ花のお手入れ

アレンジメントや鉢植え、花束など、それぞれの種類に合わせたお手入れのポイントをご紹介します。母の日に花をプレゼントしたら、ぜひお手入れの仕方も教えてあげてください。お母さんも花も、きっと喜んでくれますよ。

花束

(1)家に届いたらすぐ水切り
鮮度を保つため、家に到着した花束はすぐに茎を洗い、水切りをしましょう。※水切り・・・水を入れたバケツ等の中で茎先端1cm程度を切ること。水の吸い上げを良くするため、斜めに切ると良い。
(2)日光やエアコンの風を避けて置く
生花は乾燥を嫌うため、エアコンの風が当たる場所や日の当たる所は避けて置くようにしましょう。
(3)咲き終わった花は摘む
咲き終わった花を放置すると雑菌が発生し、他の花にも影響を与えてしまいます。咲き終わったら摘むようにしましょう。
(4)毎日水替えをする
花器の水は毎日替え、その際は以下を心掛けましょう。
・茎や花器も洗ってヌメリを取る
・茎の水切りをしなおす
・花器の水に葉が浸からないよう、下部の葉を取ってから活ける
(5)その他のポイント
・ひとつまみの砂糖を花器に入れると、栄養分となって花の元気につながります。
・氷や、数滴の漂白剤を花器に入れると、雑菌の増殖を防いでくれます。

鉢植え

(1)家に届いたらすぐに水やり
花の配達中に水がこぼれないよう、渇き気味になっていることが多いので、早めに水をあげましょう。
(2)半日陰で日当たりの良い場所に置く
日光が当たらない場所や冷暖房が直接当たる場所は、植物にとって悪条件。半日陰で日当たりの良い場所がおすすめです。ただ、いくら日当たりが良くても、ずっと室内では花がかわいそう。1週間に何日かは外で太陽の光をたっぷり浴びせてあげましょう(※直射日光は葉焼けに繋がるので注意!)。また、夏場などは風通しが良い所に置くと根腐れの防止になります。
(3)鉢底から根が出てきたら植え替え
植物の種類にもよりますが、基本的に鉢底から根が伸びてきたら、ひとまわり大きなサイズの鉢に植え替えましょう。植え替えを行わないと、根が呼吸できなくなってしまいます。また土の中の栄養分が足りなくなってしまわないよう、数年に1回は土の入れ替えをしましょう(※植え替えは寒い時期を避けてください)。
(4)土が乾いたら水をあげる
夏は土表面が白く乾いてきたらすぐ水をあげましょう。冬は、土表面は乾いても中まで乾くのに時間がかかるため、2〜3日してから水をあげましょう。水は鉢底から流れるくらいたっぷり注ぎます。根腐れ防止のため、鉢皿に溜まった水は捨ててください。
(5)その他のポイント
・花をたくさん咲かせるため、咲き終わった花殻はこまめに取りましょう。
・もし病害虫が発生したら、捕殺あるいは市販薬剤を使います。

アレンジメント

(1)家に届いたらすぐに水やり
花の配達中に水がこぼれないよう、渇き気味になっていることが多いので、早めに水をあげましょう。
(2)直射日光を避け明るい部屋へ飾る
直射日光やエアコンの風が当たらない、明るい部屋に飾りましょう。
(3)季節に合わせた水やり
以下に注意しながら、夏は毎日冷水を、冬は数日おきに水を補給してあげましょう。
・吸水性スポンジの乾燥を防ぐため、スポンジと花器の間に指を入れ水位を確かめながら水を入れる
・葉、花、葉の裏側に霧吹きで水をあげる
(4)少なくなった花は活け変える
花が減ってきたら、残った花を水切りして活け変えましょう。
咲き終わった花を放置すると雑菌が発生し、他の花にも影響を与えてしまいます。咲き終わったら摘むようにしましょう。

観葉植物

(1)家に届いたらすぐに水やり
配達中に水がこぼれないよう、渇き気味になっていることが多いので、早めに水をあげましょう。
(2)半日陰で日当たりの良い場所に置く
日光が当たらない場所や冷暖房が直接当たる場所は植物にとって悪条件。半日陰で日当たりの良い場所がおすすめです(※直射日光は葉焼けに繋がるので注意)。また、夏場などは風通しの良い所に置くと根腐れの防止になります。
(3)鉢底から根が出てきたら植え替え
種類にもよりますが、基本的に鉢底から根が伸びてきたら、ひとまわり大きなサイズの鉢に植え替えましょう。植え替えを行わないと、根が呼吸できなくなってしまいます。また土の中の栄養分が足りなくなってしまわないよう、数年に1回は土の入れ替えをしましょう(※植え替えは寒い時期を避けてください)。
(4)土が乾いたら水をあげる
夏は土の表面が白く乾いてきたらすぐ水をあげましょう。冬は、土の表面は乾いても中まで乾くのに時間が要かかるため、2〜3日してから水をあげましょう。 ※水は鉢底から流れるくらいたっぷりあげましょう。
※根腐れ防止のため、鉢皿に溜まった水は捨ててください。
(5)その他のポイント
2週に1回程度、鉢を半回転させてあげると、片伸びを防いでバランス良く成長します。時々、霧吹きで葉のホコリを取ってあげましょう。


それぞれの花によって多少お手入れの仕方が違うこともあるので、しっかりお手入れ方法を確認して、長く花を楽しんでくださいね。

母の日の花を贈る

母の日のアレンジメント

お母さんにぴったりのアレンジメントをお選びいただけます

母の日に贈る花鉢

母の日に贈る花鉢

母の日の花のギフトをプレゼントするならイーフローラで。
便利な各種サービスや花屋の手渡しお届け(送料無料)も!

母の日特集 トップ  
花のスタイルで選ぶ

・アレンジメント ・花鉢 ・花束 ・プリザーブドフラワー ・蘭の鉢物

花の種類で選ぶ

・カーネーション ・バラ ・ガーベラ ・ユリ ・アジサイ ・コチョウラン

花の色で選ぶ

・ピンク・レッド系の花 ・イエロー・オレンジ系の花 ・ホワイト系の花

プチギフト+花

プチギフト+花 母の日の花と一緒に雑貨やスイーツなどをお贈りいただけます

手渡しお届け(送料無料)

手渡しお届け(送料無料)の花を贈る

母の日の花贈りいろいろ

・義理のお母さんへ贈る花 ・人気ランキング ・息子から母へ贈る花 ・バルーン付きの花 ・お母さんのタイプ別に贈る花 ・メッセージを添えて贈る花 ・亡き母へ捧げる花

プレゼントキャンペーン

・1万円分の全国共通お食事券をプレゼント!早期ご購入キャンペーン ・フラワーギフトカードをプレゼント!ツイートキャンペーン

母の日のお話

想いを伝える「母の日」の花贈り
・母の日に花と一緒に贈りたいプレゼント ・花に添えるメッセージ ・ちょっと珍しい、母の日にもぴったりの花
・まごころとアイディアでオリジナルな母の日に ・母の日に喜ばれる鉢植え(カーネーション、バラ編)
・母の日に喜ばれる鉢植え(アジサイ、ベゴニア編) ・プリザーブドフラワーで感謝の気持ちを
・ガーデニング好きのお母さんに花鉢を ・母の日に意外と人気のアジサイ ・花言葉で伝える想い ・花とスイーツのセットをプレゼント ・想い出になった母へ

意外に知らない?「母の日」
・世界の母の日 ・母の日の由来 ・すべての母親を讃える日 ・母の日の一句 ・2017年の母の日はいつ?

心あたたまる、それぞれの「母の日」
・母の愛を感じるお話 ・心あたたまる母の日 ・母の日には、日頃の感謝を言葉にして
・お菓子を添えて気持ちをプラス ・料理でお母さんを喜ばせよう ・母の日の過ごし方

みんなはどうしてる?母の日アンケート
・知りたい!母の日は花と一緒に何を贈っているの? ・母の日にプレゼントしたい花は? ・お義母さんへ、どんな花を贈りますか? ・母の日のプレゼント!いつまでに準備するのがベスト? ・お母さんに聞いた!母の日にもらって嬉しいギフトは? ・母の日ギフトの予算は?

母の日の花 マメ知識
・カーネーションという花 ・カーネーション以外の花 ・カーネーションは食べられる?
・カーネーションと相性の良い花は? ・母の日に贈る花言葉 ・花の色のお話
・花の気(パワー) ・花の香りのお話 ・綺麗を保つ花のお手入れ
・花を活かす飾り方 ・押し花で残す花 ・花を飾るとお部屋が綺麗に?

母の日の花ご購入のお客様の声

・お客様の声 vol.1 ・お客様の声 vol.2 ・お客様の声 vol.3 ・お客様の声 vol.4 ・お客様の声 vol.5
・お客様の声 vol.6 ・お客様の声 vol.7 ・お客様の声 vol.8 ・お客様の声 vol.9 ・お客様の声 vol.10

商品一覧

母の日商品をすべて見る