─敬老の日のお話「敬老の日の由来」敬老の日に贈る花2017年─

敬老の日には花をプレゼント

敬老の日のお話
敬老の日の由来

意外に知らない?「敬老の日」

敬老の日の由来

敬老の日の由来

「敬老の日」は日本生まれの記念日。その発祥はというと、昭和22年に兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を生かした村作りをしよう」という考えのもと「としよりの日」が提唱されたのが始まりです。

農閑期であり気候も良い9月15日を「としよりの日」と定めたその提唱は、昭和25年には兵庫県全体に広がり、次第に全国に広がっていきました。
その後、「としよりの日」ではなくもっと良い呼び方にしようということで、昭和39年に「老人の日」と改称され、昭和41年に国民の祝日「敬老の日」となりました。

この日が「敬老の日」となった理由は、ほかにもあると考えられています。
そのうちひとつは「聖徳太子が大阪・四天王寺に悲田院を建立した日が9月15日だから」という説。この悲田院というのは、現在でいうところの老人ホームです。

もうひとつは「717年、元正天皇が養老の滝に御幸した日が9月15日である」という故事にちなんだという説。現在の岐阜県にある養老の滝は「万病を癒す薬の滝」とされ、ここに御幸した元正天皇は年号を「養老」に改元したそうです。
いずれの説も定かではないそうですが、いつの時代もお年寄りを敬う心は同じということなのでしょう。

敬老の日は2002年まで固定の祝日でしたが、ハッピーマンデー制度の適用により、2003年からは9月第3月曜日となりました。
2017年の敬老の日は9月18日(月・祝)です。「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としている敬老の日は、何かとめまぐるしい現代社会において、人を大切にし感謝する気持ちを思い出させてくれる休日なのかもしれません。
おじいちゃん、おばあちゃん、ご両親などの大切な人へ、花をプレゼントして「いつもありがとう」の気持ちをぜひ伝えてあげてくださいね。

「敬老の日」をもっと知る

「意外に知らない?敬老の日」に戻る