─七五三に贈る花2017年 七五三には花のギフトをプレゼント─

七五三に贈る花

七五三の記念に残る花を
プレゼントしましょう

お子様が主役の七五三。やわらかな心にいつまでも残る素敵な一日にしてあげたいですよね。お祝いの行事や写真撮影に花があれば、七五三の晴れ着姿の子供たちがさらに引き立ちます。

2017年の七五三の傾向は?

11月15日、今年の七五三は水曜日。日の良い大安ですが平日なので、ご家族そろってのお参りやお祝いの会などは週末に行うというご家庭が多いかもしれません。大安の3日(金・祝)や19日(日)などが七五三のピークかも?
混雑時を避け、11月後半に七五三を行うご家庭も珍しくありません。写真撮影の場合、11月15日を過ぎると「後撮りキャンペーン」等と銘打ち、割引や特典付きなどのお得なプランも出てきます。

今年、七五三を迎えるのは?

2017年に七五三を迎えるのは、 平成22(2010)年生まれ・女の子(7歳)、平成24(2012)年生まれ・男の子(5歳)、平成26(2014)年生まれ・女の子(3歳)となります(※いずれも満年齢)。

七五三の花をお贈りするタイミングは?

七五三を行う日はご家庭によってさまざま。事前にお贈り先様のお参りの日やお祝いの会を行う日などを確認できるとベストです。写真撮影の前にお子様用の花束が届くよう手配したり、お食事会のテーブルに飾れるアレンジメントをお贈りすると喜ばれます。

七五三におすすめの花はこれ!

迷ったときは、プロにおまかせ
「おまかせ商品」

花のスタイル・色合いを選んで簡単注文!

「どんな花なら、子供たちが喜ぶかな?」「男の子にも似合う花はどれだろう…」七五三のお花選びに迷ってしまったら「おまかせ商品」がおすすめ!
「おまかせ商品」とは、花のスタイル(花束またはアレンジメント)と色合い(イエロー・オレンジ系やピンク・レッド系など)をご指定いただき、商品のデザイン・制作は花のプロにおまかせするご注文方法です。

3,240円(税込)からご注文いただけます

花のプロがおつくりする、安心の「おまかせ商品」。3,240円(税込)からお気軽にご注文いただけます。

  • STEP1/お届け先のご住所の一部を指定
  • STEP2/お花をお届けするお花屋さんを選択
  • STEP3/スタイル、色、価格を選択
  • STEP4/決済情報など入力すれば注文完了
おまかせ商品 ご注文はこちらから
想いは花に、言葉はカードに

七五三の花に添える「じぶんdeカード」

七五三のフラワーギフトに、WEB上で手軽につくれるオリジナル無料メッセージカード「じぶんdeカード」を添えて贈りませんか?
「じぶんdeカード」は、どなたでもWEB上で簡単に制作いただけるイーフローラオリジナルの無料メッセージカード。七五三の花に添えてお贈りいただけます。
「じぶんdeカード」の作り方は簡単。ご注文時にお好きなカードデザインを選び、77種類の豊富なオリジナル絵文字も使いながらお好きなメッセージをご入力ください。花屋がカードを印刷し、花と一緒にお届けします。

  • じぶんdeカードは無料です!
  • 77種類のオリジナル絵文字もご利用可能!
  • プレビュー画面で見ながら簡単制作!
  • 豊富なデザイン!
  • じぶんdeカード付き七五三のアレンジメントを贈る
  • じぶんdeカード付き七五三の花束を贈る
  • じぶんdeカード付きの七五三の花をすべて見る
ご来店の10日前からご予約可能! ご希望の日・お時間にあわせて花をご用意します

七五三の花を、来店予約で

WEB上から花屋へのご来店をご予約いただくと、お約束のお時間までにご希望のフラワーギフトをご用意する便利なサービス「来店予約」。七五三に、オフィスで上司に直接花を渡して感謝の気持ちを伝えたい。そんな方におすすめです。オフィス近くの花屋をぜひ探してみてください。
ご予約時のお電話で、花について花屋にご相談いただけるので安心。ご予約の当日は、待つことなくお約束の時間に店頭にて花をお渡しします。ご来店10日前からご予約可能です。

また、お急ぎでも大丈夫! 15時までの「来店予約」で、その日のうちにご来店いただくことが可能です。

七五三のお話あれこれ

七五三の由来とは?

七五三のお話あれこれ

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日前後に、その成長を祝って神社などにお参りする行事です。地域によってさまざまな風習がありますが、広く知られているものとしては、3歳は「髪置(かみおき)」、5歳は「袴着(はかまぎ)」、7歳は「帯解(おびとき)」という、それぞれが子供の成長を示す節目の歳というものです。その慣習が現在にも引き継がれています。
■3歳 髪置(かみおき)…生まれてから3歳までの乳児の間は、さまざまな病気を予防するために髪を剃っていました。3歳を迎えると、剃っていた髪を伸ばす髪置の儀式が行われます。
■5歳 袴着(はかまぎ)…男の子が初めて袴をつける、幼児から少年への節目の儀式です。
■7歳 帯解(おびとき)…大人と同じ着物と丸帯をつける儀式です。この日から自分で帯を結ぶようになり、一人前と認められます。

七五三に欠かせない「千歳飴」とは?

きれいな着物を着た子供たちが